アトピーと食事の関係|完治を目指す人に食べて欲しいもの

アトピーといったアレルギー反応を引き起こす原因を復習してみましょう。

それは免疫バランスや過酸化脂質、ホルモンバランスなど様々ですが、食事を改善することでこれらを解決してアトピーを完治させることが可能です。

アトピーを改善する食事のポイント:善玉菌を増やす


意識する食事のポイントは3つです。

まず、腸内環境を改善する食事です。

腸は消化した食べ物を体内に吸収させる場所で、食べ物と一緒に有害物質が入らないように機能しています。しかし、消化の悪いタンパク質を摂取しすぎると機能が低下して、免疫システムの誤作動を引き起こすわけです。

また、腸内で善玉菌が減ると悪玉菌によって免疫システムはますます狂う原因に!

 

よって、善玉菌を増やす食べ物でアトピーを完治させます。納豆や味噌、キムチなどの発酵食品、ごぼうや切干大根など食物繊維の多い食べ物がおすすめですね。砂糖は腸内で有毒ガスを発生させるので、代わりにオリゴ糖で甘味を付けます。

アトピーを改善する食事のポイント:体に良い油を選ぶ


次にアトピーを完治させる油を使うことです。

油はオメガ3やオメガ6、オメガ9などに分類され、このうちオメガ3がアレルギーを抑制するホルモンの原料で、オメガ6がアレルギーを促進するホルモンの原料です。この二つのホルモンのバランスが乱れると、アトピーになる仕組みです。

オメガ6の油にはサラダ油などのリノール酸系やマーガリン、肉の脂肪があります。

ホルモンバランスを整えるためには、これらの油を減らして、しそ油やエゴマ油、亜麻仁油を積極的に取り入れた食事に変えます。そしてビタミンとミネラルを多く摂取します。

アトピーを改善する食事のポイント:ビタミンの摂取


アトピーは皮膚細胞が弱くなることで、アレルゲンの侵入を許してしまい引き起こされます。皮膚や粘膜で炎症や免疫反応の暴走を抑制して、再生力を高めるためにはビタミンとミネラルが必要です。

自動車の排気ガスや紫外線は肌に活性酸素を発生させる原因で、活性酸素は過酸化脂質に変わると細胞膜を破壊して、アレルゲンの侵入を容易にします。よってビタミンCやビタミンA、ビタミンEなど活性酸素を分解するビタミンを積極的に摂取しましょう。

また、これらのビタミンは、痒みを引き起こすヒスタミンを除去する役割があるのです。

 

ビタミンCは柑橘系の果物、ビタミンAは人参やほうれん草、ビタミンEはアーモンドや小麦胚芽に多く含まれています。他には、皮膚の再生には代謝が欠かせません。代謝はビタミンB6や、亜鉛マグネシウムといったミネラルを用いますので、ビタミンB6はカツオやマグロ、亜鉛は牡蠣やゴマ、マグネシウムはアーモンドなどの豆類から日々の食事に摂り入れていくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です