アトピーのカサカサの悪化と季節の関係

アトピーの症状といえば「痒み」ですが、まだ痒みに対する制御ができない子供は出血するまで引っ掻きまわしてしまう事も多いのが悩みですよね。

炎症が悪化して肌が荒れた状態が続く事によって肌のバリア機能が低下し、痒みを引き起こすヒスタミンなどの物質がさらに分泌され、痒みを繰り返し引き起こして悪循環を生んでしまうのです。

季節変化とアトピーの関係


アトピーの痒みはストレスを強く感じたり眠りに入る時の緊張が緩和された時などに発生する事が多いです。

特に汗によって刺激を受けた事で生じる痒みや乾燥が原因で起こる痒みは、一旦掻き始めると痒みがどんどん激しさを増していって、我慢できなくなって睡眠にも影響が出でしまう事も多いです。ですから汗の刺激や肌の乾燥が起こりやすい季節の変化がアトピーとの関係性が強いと言われています。

症状が悪化する季節は夏と冬が特に多いと言われています。

夏は紫外線・花粉・汗などの刺激によって痒みが発生しますし、冬は乾燥による刺激は勿論ですが、実は衣類に残った洗濯洗剤がアトピー患者のカサカサ肌に刺激を与えて症状を悪化させると言われています。

洗濯洗剤に入っている界面活性剤はカサカサ肌を刺激して痒みを悪化させるため、洗剤を酵素無添加のものに変える事で症状が緩和・改善する事もあるようです。


また、春や秋は夏や冬と比べて症状が悪化しにくい季節なので比較的症状が落ち着く事が多いのが経験上感じます。

季節の変化による影響が出てしまうアトピーは、最初の内は「肌が乾燥する」という程度であっても、肌の乾燥が痒みを引き起こし何度も痒みが生じる部分を掻く事で体液や血が出るようになります。

皮膚の炎症が増悪してゴワゴワした肌になったり、湿疹やかさぶたなどが見られるようになり、頭部に生じると脱毛症を引き起こしたり目の周辺だと視力障害を引き起こす可能性も・・・!

かさぶた放置がアトピー改善の第一歩


こういった特徴を持つアトピーですが、実は体の中に蓄積している不要なものを排出しようとして起こる症状なのです。尿や便・汗などによって排出しきる事ができない体内の有害物質を湿疹を作って、体液や引っ掻く行為によって排出しようとしているわけですね。

体にとっては自然に行われている反応だと言われています。

そのため肌がカサカサした乾燥状態になる事で、アトピーを発症したり悪化させたりすると思われている方もいるでしょうが、これは新しい肌が生まれて古い皮膚が剥がれている状態なのです。対策としてはカサカサ状態の肌に無理に保湿ケアを行わずにできるだけ自然な形で肌の乾燥を改善するのが重要になってくるのです。


特に肌のバリア機能として働く血や体液であったり、かさぶたは外部からの刺激から保護する働きなので、血・体液・かさぶたはそのまま放置して自然に剥がれるのを待つのがアトピー改善ための第一歩と言われています。

症状が出やすい春は逆に肌が不要なものを排出して生まれ変わろうしている季節です。温かさによって肌の機能も高まってくるので、保湿ケアは極力行わないようにする事でアトピー肌を改善するチャンス!


また、汗は抗菌作用があるので夏はむしろ汗をたくさんかいて肌を強くするチャンスです。秋と冬は肌が乾燥しやすい季節ですが、肌がカサカサしてくるこれらの季節が肌を強くする一番のチャンスなので、保湿ケアは行わずに症状を繰り返す中で肌を強くしていく事が根本的にアトピー改善するために最も重要であるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です