アトピーが辛くて死にたい!実は深刻な社会問題です

アトピー性皮膚炎に関しては「肌が痒かったり皮膚に炎症を起こす病気」等といったように、アトピー性皮膚炎を発症された経験がない方にとっては症状に関する認識のみであり、そこまで深刻視されていない方もいるかもしれません。

しかし実は・・・

「アトピー性皮膚炎に悩む若い世代の自殺の原因となっているのではないか」と言われています。怖い問題です。

アトピーでいじめ、ついには自殺に


自殺の大きな原因として挙げられる鬱ですが、この鬱を引き起こしている理由としてアトピー性皮膚炎が否定できないような状況にあるのです。

っと言うのも・・・

 

日本では約600万人もの人達がアトピー性皮膚炎を発症していると言われています。

特に現代社会はストレスを受けやすく、ストレスの蓄積が免疫力の低下に繋がるため、症状が悪化しやすい状況にあり患者が増加傾向にあると言われています。

 

重症化すると痒みが止まらず全身を掻きむしることや、粉やかさぶたを掻き散らかしたりするなど、見た目の面ではっきりと分かる変化が現れるようになります。そのため、顔や体を他人に見られるのが嫌になって閉じこもりがちになることや、その状況に耐えるのが辛くなって心身共に疲れ果ててしまう人も多いようです・・・

特にアトピー性皮膚炎の影響で痛ましい事件も多く起こっているのですが、その事件の一つでは同級生から「汚い・臭い・醜い」などの見た目から不潔だという事でいじめられていた高校生が、いじめられるのが辛くて「死にたい」と考え焼身自殺を図ったという事件が起こっています。

 

また、アトピー性皮膚炎の娘を看病する事に疲れ果ててしまい、子供二人と幸せな家庭を築いていて夫婦の関係も良好だった家族が一家心中を図るという事件まで起きるという悲しい事実も存在するのです。

この娘さん、0歳の赤ん坊だったのですが、親が赤ん坊における発症の原因は遺伝が大きいと考えて、色々苦しんだ上での一家心中だったようです。

追いつめられる前に根本的な体質改善を


このような事件からも分かるようにアトピー性皮膚炎は差別を受けたり、「死にたい」と考えるにまで至る事がある恐ろしい病気であり、引きこもりや自殺の原因となっていて現代では深刻な社会問題化しているのです。

 

特に引きこもり期間が長くなると、徐々に衛生面に対する考えが変化して、入浴や歯磨きなど体を清潔に保つ行為が疎かになる事が多く、運動も行わなくなるので衛生環境が悪くなり症状を悪化させる原因となってしまいます。

また、アトピー性皮膚炎が重症化して引きこもりになりやすい人の特徴として、心配性で何でも一人で背負い込むタイプであったり、はっきりとモノが言えない・我慢強く責任感が強いタイプが挙げられますし、親が干渉しすぎるという人もそういった状況に追い込まれやすいと言われています。

 

そのため、アトピー性皮膚炎の症状が原因でいじめに遭い、閉じこもって「死にたい」と考えてしまうような状況に追い込まれないためにも、体質を根本から改善する治療を受ける必要があります!

病院ではステロイドによる治療が多いですが、症状を引き起こす根本的な部分の改善ができないと副作用で症状が悪化してステロイド依存症になってしまうケースも多いのです。

 

最近では薬に頼らずに、自宅でできる医学博士推奨の治療法が全額返金保証付きで販売されていますし、病院に行く前にまずこういった治療法を試してみるのも有効な手段の一つとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です