アトピーの子供に!市販の保湿剤は成分で選びたい

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患の1つに数えられ、アトピー性皮膚炎は主に小児に発症します。

多くは年を重ねるにつれて症状が改善してきますが、大人になってもアトピー性皮膚炎の症状が継続することもあるのですね。年齢によって皮膚症状が出る部位が変わってくるものですが、小児の場合の多くは顔面や体幹部に症状が出ます。


子供を持つ親にも辛いものですね。

一方、大人になるとひじやひざの関節の裏側に症状が出る場合が多くなります。特に春と秋の季節の変わり目には症状が悪化しやすいと言われています。

アトピーの改善は保湿から


アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下すると発症しやすくなります。

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は角質層でセラミドなどの脂質量が低下し、これによって皮膚の深部の水分が失われてしまいます。このような脂質や水分が失われた状態になると皮膚のバリア機能は低下し、外部からアレルゲンなどの異物が侵入するようになるというわけなのです。

このアレルゲンによって、皮膚の深部でアレルギー反応が引き起こされるとアトピー性皮膚炎の発症につながってしまいます!

よって、保湿剤等を使用した皮膚の保湿はアトピー性皮膚炎の改善には重要な対策ですので、ここではアトピーの子供におすすめの市販の保湿剤の成分を紹介いたしましょう。

薬局で買えるおすすめ保湿剤


まず市販のものでは、ワセリンが子供にはおすすめです。

ワセリンは油脂成分で医薬品成分は含まれていません。しかし、これは保湿剤として非常に有効な塗り薬。また、医薬品成分が入っていないため、子供にも使用でき安心なのは嬉しいですね。

 

ただし・・・

皮膚が水分を含んだ状態でワセリンを使用することによって、初めて効果を示します。ワセリン自体は水分を補うことはないので、お風呂上りなどに使用しましょう。

また、市販のものではヘパリン類似物質という成分がおすすめです。医療用のものではヒルドイドという商品名でご存知ではないでしょうか?

 

これは皮膚の水分を保つ他に血小板凝集抑制効果とそれによる血行促進効果があるため、これによっても皮膚に水分が補われます。1日3回まで保湿効果が上昇するので、皮膚の状態が悪い場合には1日3回使用してみてください。

一方、子供のアトピーに使用してほしくないものがあります。

 

尿素の含まれた保湿剤です。

尿素は刺激があるため顔面への使用には不向きです。しかしながら、前述の通り子供のアトピーでは顔面に症状が出る場合が多いため、顔面にも使用できるタイプの保湿剤を使用するのがいいでしょう。

もちろん体幹部に限っては、尿素入りの保湿剤を使用するのは問題ありませんので症状が出ている部位によって使い分けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です