アトピー悪化の原因はストレスだった!?焦りや不安が新たなかゆみを誘発!

アトピーに悩まされている方の多くは、心身ともに人一倍ストレスを感じているのではないでしょうか。

かゆみや痛みなどの外的ストレスに加えて、スキンケアや薬などへの不安や「なかなか治らない」と焦る気持ち・・・。

考え出すとキリがありませんよね。そんなストレスこそ、アトピーの原因や悪化につながる根源のひとつでもあるんです。

ストレスはアトピーの大敵!その理由とは?

アトピーの原因というのは人それぞれです。

砂糖を摂取すると途端にひどくなる人や、お肉を食べるとかゆみが増す人など、悪化の原因は人それぞれ異なり、個人の体と原因となる物質の相性で大きく変わります。

でも、体質以外のアトピーの原因として、多くの人が共通して抱えているものがあります。それは、ストレスです。

 

アトピーの原因として、老廃物を輩出する機能が低下していることが良くあげられますよね。ストレスは、新陳代謝を低下させてしまう、大きな要因となるのです。

体は、ストレスを受けることにより緊張状態が続いて、筋肉が萎縮したままになってしまいます。

これにより呼吸が浅くなり、血流も悪くなってしまうのです。そうすると今度は腸の働きが悪くなって、うまく老廃物を体外に出せなくなっていきます。

 

実は “お肌”も、汗をかいて老廃物を外に出す立派な排泄器官のひとつなのです。

ストレスを多く感じると、老廃物を出すことができずに蓄積してしまい、炎症となってあらわれます。これがアトピーとなって、わたしたちを苦しめてしまうんですね。

ストレスはアレルギーとは別のかゆみをもたらす

アトピーのかゆみの性質を2つに分けると、末梢性のかゆみと中枢性のかゆみに分類することができると言われています。

主なアトピーのかゆみは末梢性で、これは、アレルギー症状のかゆみです。

一方、ストレスからくるかゆみは中枢性のもので、アレルギーのかゆさに加えて、ストレスを感じることにより、別のかゆみも引き起こしている可能性があるのですね。

 

f5abd350a0bb2e233ad11bca8fdb15d2_s

あなたは、イライラした時に無意識に頭をかきむしったりしたことはありませんか?

このような「どこがかゆいのかわからない」といった類のものがストレス性です。

 

アレルギー症状だけならまだしも、さらなるかゆみの原因となるストレス。なるべくなら、そちらのかゆみだけでも抑えたいところですよね。

アトピーに悩まされているなら、なるべくストレスを感じないように心がけましょう。

“しなければならない”を捨てて、気楽にアトピーと付き合おう

そうはいっても、どのようにしてストレスを軽減すればよいのでしょうか。

アトピーに悩む方は「寝不足になってはいけない」「油物を食べてはいけない」「肌を掻いてはいけない」「保湿しなければならない」「薬を飲まなければならない」など、自分に対して禁止している事柄がとても多いと思います。

 

それらのある種の脅迫概念を打ち消すことは、ストレスフリーにつながる一歩。

無理はしない、がんばりすぎない、という気楽な気持ちを持つことが、アトピーと上手に付き合っていく秘訣です。

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_s

まとめ

アトピーの全ての原因がストレスにあると言うわけではありませんが、大きく関係していることは事実。

自分への禁止事項を和らげることや、強くストレスになっていることがあるなら辞めてみるなど、自分と向き合いながらストレスともうまく付き合っていけると、アトピー症状も緩和されていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です