赤ちゃんのあせもはどうしてあげるのが正解?

あせもはなぜできるの?


赤ちゃんは春から秋にかけて、汗をかきやすい季節です。

この時期にに多いのがあせも。大人同様に見た目的にも痒そうなあせもは予防や対処してあげたいですね。

0ab2f02efe7a9334c6e68af5feb228f0_s

あせもは沢山汗をかいた時に汗の出る管が閉じてしまう事で、汗が皮膚表面に流れる事を妨げてしまい、汗が皮膚内に貯まる事により水疱となって現れる皮膚病の一種なんです。

 

日々のケアや温度調節で予防も可能ですが、なってしまった時の対処法をご紹介しますね。

先ず、赤ちゃんがあせもになりやすい理由として、汗が出た時に自分で発見出来ず、痒みや炎症が出てから泣くことによって初めてあせもと判断する事が多いからです。

 

赤ちゃんや子供の方があせもになりやすいように思われるていますよね。それは、大人同様に体全体の汗腺の数は同じですが、体が小さい為に単位面積辺りの汗腺の数が多いこともあり、より密集した状態になり発症しやすいとも言われているんです。

なんと・・・新生児では成人に比べ12倍の密集状態!

赤ちゃんのあせも対策


赤ちゃんは一人で汗を拭く事が出来ません。

まず大人が皮膚を常に清潔な状態に保ってあげる事が大事です。あせも出来たからといって何度もお風呂に入り体の必要な水分を取ってしまうことも、悪化にも繋がりますし、なりやすい状態にしてしまいます。

シャワーなどに留めて、患部を優しく洗いシャワー後も十分に保湿してあげる事が大事です。

 

ベビーパウダーなど患部がさらさらになり一見楽な状態な様にも見えますが、汗腺を塞いでしまい悪化させてしまう原因になってしまうこともあるんです。とにかく保湿してあげる事が大事です。

保湿してあげる事で肌のバリア機能も強くなり、あせもになりにくい状態にもしてあげられますよ。

 

それでも治らない場合は、病院に行きお薬を処方してもらいましょう。ステロイド剤を使うことに不安に思う事もあると思いますが、適性の量を適度な期間使うには問題はありません。

赤ちゃんにも使える弱いステロイド剤を患部に塗り一週間などでおさめれば大丈夫です。抗ヒスタミン剤なども処方して貰えるのでお医者さんと相談して下さいね。

 

ステロイド剤などを使うことに抵抗がある人は、より時間も費用もかかりますが、オーガニックの物を使うのも良いでしょう。自然な風だけに頼らず、エアコンなどを適度に使い赤ちゃんにとって過ごしやすい環境を心掛けて下さいね。
04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s
汗をかいた状態で放置せず柔らかい布で優しく拭き取り、着衣などの素材にも気を使ってあげて下さい。肌に直接当たるものはオーガニックのものにして通気性の良いものにしてあげるのもよいでしょう。

 

掻きむしってしまうと患部がぐじゅぐじゅな状態になり、2次感染にも繋がりますので、赤ちゃんの手にミトンなどを着けてあげて患部の掻きむしりを防ぐことも大事です。

少しのあせもでも放置しないで、すぐに対処してあげる事が大事です。少しのおしっこでもオムツをこまめに交換してあげて、蒸れている状態をなくしてあげましょう。

 

普段以上に清潔に保つ工夫をすれば軽度なものはセルフケアで治すことも十分可能です。保湿と清潔に保つことが第一な対処法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です