何とかしてあげたい!赤ちゃんのアトピーは完治できます。

あなたの赤ちゃんがアトピーであるのは、できることなら代わってあげたいぐらいパパ・ママにとっては辛いことの一つですよね。

赤ちゃんのアトピーは赤みの強い湿疹が多く、全身がカサカサ

 

肌の炎症は良くなったり悪くなったりを繰り返し、細かい皮膚はポロポロと剥がれることもあります。

しかし、赤ちゃんのアトピーは完治させることができます。ママのお腹の中から水のない環境に出たことで、肌が対応できていないのです!

そこで、肌荒れを繰り返して機能を向上させようと頑張って働いています。元々、赤ちゃんは自分の体を回復する機能が備わっているので、親はそれをサポートすることでアトピー完治を目指すのです。

方法1:自然な治癒能力を高める


まず、お風呂は控えると良いでしょう。
「え?」と思われかもしれませんね。

これは汚れを落とすことでアトピーを改善しようと、お風呂にたくさん入れると皮膚を刺激して、必要な皮脂も除去されてしまうのです。皮膚細胞が作る抗菌物質も無くなってしまうことで逆効果になりますので、洗い過ぎに気をつけて、体は石けんを使わないでお湯で撫でるように洗ってあげましょう!

 

また、保湿についてもやりすぎに注意

肌の乾燥を防ぐために保湿を繰り返すと保湿依存に陥ります。乾燥はさらに悪化して、保湿剤が手放せなくなるため、アトピーの症状が複雑化します。

一般的に赤ちゃんにステロイドは使いません。幼少期にステロイド治療を受けた経験のある成人は、アトピー性皮膚炎になりやすいとされます。保湿をしないことで、肌本来が持つ機能を高めて完治できる環境になります。

方法2:食事に配慮する


母乳で育てる母親は、食事に配慮します。

赤ちゃんの体は母親の母乳でできており、質の良い栄養素をもらうことで健康に育ちます。まず季節の野菜をふんだんに取り入れましょう。

夏野菜は体を冷やして冬野菜が温めるように、旬の食材はその時期に必要な作用を持っているのですね。

 

また、毒素を溜めない食事をすることも心がけましょう。

現代人は食品添加物や人工甘味料によって、毒素を吸収しやすい環境にいます。家で使う調味料にも添加物は多く含まれているので、昔からの製法で作られた商品や無添加と表記されたものを選びます。

食品添加物は粉ミルクにも含まれているので、できるだけ母乳で育てるのがオススメ!母乳が出にくいママは、選ぶ際に無添加にこだわりましょう。

方法3:掻くのを無理に止めない


そして、赤ちゃんが肌を掻きむしっても無理矢理に止めないようにします。

アトピーでは掻くことは悪いことではないのです。傷口から老廃物がどんどん排出されるので、体の中が健康になります。

 

掻き傷防止のミトンは布で傷口をえぐるので適していません。痒い時に掻けないとストレスとなって、赤ちゃんの健康に悪影響を与てしまうのですね。

掻き続けるうちに肌が綺麗になっていき、徐々に痒みが治まるため大らかな気持ちで赤ちゃんの様子を見て行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です