赤ちゃんのベビーマッサージにも!お肌に優しいシュガースクラブの魅力

刺激に弱い赤ちゃんの肌にはシュガースクラブ!?

シュガースクラブには赤ちゃんの肌を優しく包み込んでくれるメリットがあります。

赤ちゃんとのスキンシップにベビーマッサージを行うことがありますが、その際の刺激を軽減させ乾燥による肌トラブルを未然に防いだり、保湿を継続させる効果があるのです。

 

砂糖が主成分のシュガースクラブはベビーマッサージに効果的であると数多くの研究結果で明らかにされています。肌のくすみやごわつきを解消するためには古い角質を取り除く必要があるのですが、シュガースクラブは主成分の働きで赤ちゃんがヒリヒリと感じることがありません。

さらに、しっかりと保湿ができて乾燥に負けないすべすべの肌を手に入れることが可能です。

 

赤ちゃんの肌は角質層が薄く、皮膚が非常に傷つきやすいのが特徴ですが、シュガースクラブを使用することで刺激をおさえたスキンケアができるのです。

生後1カ月頃までの赤ちゃんの肌は、母親の性ホルモンの影響で十分な皮脂量をキープしながらバリアによって守られている状態ですが、生後2カ月を過ぎた辺りから皮脂量の分泌が少なめになってきます。

赤ちゃんはたくさんの汗をかき、皮膚も汚れやすいですよね。清潔を保とうと石鹸やシャンプーを使いますが、実はこれが皮脂量の分泌が少ない赤ちゃんの肌には乾燥しやすくなってしまう原因となることがあるのです。

adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s

一般的に赤ちゃんは生後2カ月を過ぎると皮脂量が少なくなるといわれています。

この時期には、肌を清潔にすることが求められますが、その際にシュガースクラブのベビーマッサージなどの保湿ケアがおすすめです。

 

皮脂量が少ない肌は乾燥しやすいため、バリア機能が弱くなっていくことでダニや雑菌が侵入を許してしまうことがあるのをご存知でしょうか。

また、肌トラブルがアレルギーや感染症にかかりやすい状態を招いてしまうこともあります。そのような時に、シュガースクラブをベビーマッサージに使うことで、さまざまな効果を期待できるのです。

 

シュガースクラブを使い続けることの魅力には、汗を最小限に抑えられることがあります。これにより、虫刺されによる傷を掻き壊したり、赤ちゃんが下痢の際にお尻をかいてしまいただれるといった症状を軽減する効果があるのです。

砂糖の保湿効果で赤ちゃんの肌を守る

シュガースクラブの材料となる砂糖が本来持つ効果には、高い吸水力と保湿力、浸透力があります。これらの特徴が、肌に潤いを与えて柔軟性を高めてみずみずしい滑らかな肌に導いてくれるのです。

54da2eae530641dd39fe7681ab86b901_s

使用後の肌は浸透力が高まっており、化粧水や美容液などを上回る効果がメリットといえるでしょう。肌に潤いを取り込む力が増加して、乾燥や刺激などを寄せつけないようにしなやかな肌作りにつなげることができます。

 

砂糖は古くから傷薬として使われてきた歴史があり、肌の治癒能力が高さも魅力で、その力を利用したのがシュガースクラブなのです。また、アメリカでは日本以上にスキンケアの素材として幅広く活用されてきた歴史があります。

乾燥肌の可能性がある赤ちゃんにベビーマッサージを行う時には。シュガースクラブの持つ魅力を理解し使用するで、刺激を軽減して肌トラブルを未然に防ぐことが可能なのです。

刺激を最小限に抑えながら保湿を継続させることや、肌を優しく包み込んでくれる状態に導くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です