赤ちゃんのアトピー症状はいつから判断するか?

赤ちゃんの肌はとっても敏感!

ポツポツと湿疹ができたり、カサカサ粉をふいていたり・・・いわゆるお肌のトラブルを抱えている赤ちゃんは沢山いますが、アトピーの場合はいつから診断が下るのかご存知ですか?

赤ちゃんのアトピー症状の特徴


赤ちゃんの湿疹や肌荒れができた場合、その他には乳児湿疹、赤ちゃんニキビ、接触性皮膚炎、あせも、おむつかぶれ、とびひ、蕁麻疹、カンジタ皮膚炎などの可能性が考えられます。

これらの症状、特に乳児湿疹とアトピーは似ているため見分けるのは大変難しく、いつから区別できるとは一概に言えないのですが、一般には生後4か月を過ぎた頃から診断されると言われています。

 

赤ちゃんのアトピーの症状の特徴としては・・・

・生後1~2か月に頭部から顔面を中心に湿疹が出始める
・出始めてからは手足や全身に湿疹が出る
・粉を吹くような全身の乾燥がみられ皮膚が固くなる
・卵白など食物アレルギー抗体が陽性になる(アレルギー試験で陽性になる)
・家族にアトピーの体質の人がいることが多い
・1歳半~2歳ごろに症状が落ち着く人が多い

上記のようなケース見られます。

なぜ発症する?赤ちゃんのアトピー


赤ちゃんのアトピーがいつから・どんな理由で症状が出るのか、現在もハッキリとしたところはわかっていないのが正直な所です。

 

妊娠中の母胎は免疫バランスが通常と異なる状態となるため、喘息や鼻炎などのアレルギーが悪化してしまう妊婦さんが出ることがありますが、赤ちゃんも出産後その状態が続く子がいます。(一般的には出生と共にバランスが保たれるようになります)

そしてそのバランスが不安定な赤ちゃんに発症する確率が高いことがわかっているので、このことが一つの要因であると考えられます。

 

しかし、1歳半から2歳ごろには免疫バランスが整う子が多数を占めるため、症状は沈静化すると考えられています。また、乳児期に出ていた食物アレルギーもこの時期に陰性になる子が多いのですね。

つまり、乳児期にかかるアトピーは学童期から大人がかかるものとは別物で、年齢と共に症状が沈静することが多いのです。

 

日々のケアには塗り薬も使いますが、そのほか、保湿と生活環境が大きく作用します。保湿は、皮膚を清潔にし、たっぷりの水分を与えることが大事なので、ローションと軟膏を継続して塗ることが大切です。

生活環境では、肌への負担が大きいお風呂は40度未満のぬるめのお湯で、下着は木綿にする、洗濯洗剤はよくゆすぐ、ダニや埃が無いようこまめに掃除をする、ペットは避ける、など日々気をつけることが大事ですので大事な赤ちゃんを守ってあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です