赤ちゃんの顔にできる湿疹の正しいケア方法

実は1種類じゃない 赤ちゃんの顔の湿疹


生まれたばかりの赤ちゃんは、生後数週間から2ヶ月頃までの間に、ツルツルだったお肌に起こる肌トラブルがあります。これは、乳児湿疹というもので、さまざまな種類があり原因も違います。

 

一番できやすい場所は、顔や首、胸、頭皮の生え際などです。

顔はほっぺやおでこにできて、赤いプツプツしたものや、カサカサしたフケのようなものがあります。生まれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べるとバリア機能が弱く、代謝機能が未熟なのに皮脂の分泌が盛んなため、毛穴に皮脂がつまりやすくなるんです。

そのため、肌トラブルが起こりやすくなってしまうんですね。

 

赤ちゃんの湿疹の種類には、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ、あせもなどがあります。乳児脂漏性湿疹の特徴は、からだにはできず、首から上の頭皮やほほやおでこにできます。

お母さんのホルモンの影響によるものが大きく、カサカサしたかさぶたのようなものやフケのようなものが出てきます。

bc573b2452920f27caf9c09d6f6ad0a5_s

 

症状が軽いようなら、泡立てた石鹸でやさしく汚れや皮脂を洗い流して清潔に保つことで改善されます。シャンプーや石鹸は刺激が少ないものを使用するとよいでしょう。

また、赤ちゃんの爪でひっかいたりして傷ができると、そこからばい菌が入って悪化する場合があるため、爪をこまめに短く切りそろえてあげたり、掻きむしるようであれば、ミトンを着けてあげてくださいね。

 

新生児ニキビも、原因は乳児脂漏性湿疹と同じで、思春期と同じように赤ちゃんの顔のおでこやほほにできます。石鹸を使って清潔にし、洗顔後は保湿ケアをしてあげることも大切です。また、日中汗をかいた場合は、こまめに拭き取ってあげてくださいね。

 

あせもは、汗をよくかく暑い時期に多く見られます。首や背中、おむつをしているため、蒸れやすい状態にあるおしりにも発生します。かゆみを伴い、赤いプツプツになってあらわれます。

ケア方法としては、赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、着せすぎないように注意することが必要です。また、汗を多くかいていたら、こまめに着替えさせたり汗を拭いてあげるとよいでしょう。寝ている間に、汗を大量にかいていないか気をつけて、清潔な状態を保ってあげてください。

 

特に夏の暑い時期には、適度にエアコンを利用して快適な環境を作ってあげることも大切なんです。衣類は通気性のよい、刺激の少ない素材のものを選びたいですね。

掻きむしって悪化するようなら、ミトンなどをつけて患部に刺激がいかないようにする必要があります。

4ef4f929520555ad21640fea4752f9d6_s

どの湿疹でも気をつけたいこと


乳児湿疹には、さまざまな原因や種類がありますが、皮膚を清潔に保ち、刺激をあたえないようにすれば、赤ちゃんのバリア機能が備わってくる頃には治ってきますよ。

 

しかし、悪化させないために、日々のケアを行い、外からの菌の侵入を防ぐことが大切なんです。

もし患部が悪化したり、他の場所への感染が心配されるようなら、皮膚科での受診をおすすめします。悪化する前に、専門医の指示通りに対処することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です