子供のアトピーを完治させるには?

子供は大人に比べると、免疫機能が弱いのでアトピーになる割合も比較的多くなっていますが、原因不明の皮膚病とされてきた子供のアトピーも医療技術が進歩することで完治することが可能になってきていることは嬉しいお話です。

アトピー性皮膚炎の原因はアレルギー


基本的には子供のアトピーはアレルギー症状です。

皮膚に存在している常在菌に対する過剰な免疫反応が症状を引き起こしています。アトピー性皮膚炎は関節や目、口の周りなどの皮膚が薄い場所や、擦れて炎症が起こりやすい場所にできるので、完治したと思っても体調を崩したりすると繰り返し何度も炎症を起こすのが特徴です。

 

アレルギーが原因のため遺伝的な要因も関連していると考えられていて、両親がアレルギー体質の場合はアトピーを発症する確率が50%以上!になります。また鼻炎や喘息、結膜炎などが同時に起きるのも特徴とされていて、アレルギー剤を服用することで症状を軽減することができます。

 

しかし、皮膚の症状は細菌の影響が大きいとされているので、鼻炎などに比べると完治するまでに長い期間を必要とします。

人間の体には常在菌が存在しており、この細菌のバランスによってアトピーが起こりやすい人とそうでない人に分類されます。ブドウ球菌が多い子供は免疫機能が低下すると増殖する傾向にあるので、皮膚に炎症が起きることがあります。

この状態が長く続いてしまうのがアトピー性皮膚炎です。アレルギーやアトピーを専門にしている医療機関を受診すると最新の医療を受けることができるので、完治の確率が高まります。

アトピー性皮膚炎を改善させるためには


民間療法もたくさんありますが、基本的には皮膚の表面を清潔にして、保護成分によって保護するものなので、根本的に治すことはできません。

また昔から行われてきた、体を鍛えて免疫機能を高めることに関しては一定の効果がありますが、アトピー性皮膚炎は汗をかいたり、激しい運動によって血行が良くなると炎症がひどくなる傾向があるので、逆効果になる恐れがあります。

 

多くの子供達に共通する要因としてはハウスダストやダニの死骸などによるアレルギーがあるとされています。特に毎日寝るときに使用している布団を清潔に保つことで、寝ている間のアレルギー症状を抑えることができますのでこまめに掃除しましょう。

寝ている時に痒みを感じると無意識にかき壊してしまうので、炎症を悪化させる原因にもなります。

アトピーを予防するためにはアレルギーの原因となる物質を遠ざけることや、ストレスを減らして免疫機能を保つことが何より重要ですので日々の生活を意識することが一番ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です