正しい使い方で効果アップ!シュガースクラブでお肌がツルツルに

シュガースクラブの効果

お肌に水分をキープ出来ずにカサつきがちなドライスキン。このドライスキンは、お肌表面の角質層に乱れを生じさせ、バリア機能を低下させる傾向もあることをご存知でしょうか。

お肌のバリア機能が低下すると更に乾燥が進み、外部からの刺激に弱い敏感肌になってしまう可能性もあるようです。

 

乾燥肌や敏感肌のケアで最も大切なのが保湿であることは、多くの女性が知っている事実です。お肌の潤いを守るには、モイスチャーバランスを整えることがとても大切になりますが、そのためには正しい知識に基づいたスキンケアを行うことが、非常に効果的です。

 

保湿効果に優れた成分を配合した高価な化粧品を使用することも、もちろん乾燥肌には良い影響を与えます。しかし、なによりもお肌に優しいスキンケアを心がけたいものですね。

そんな美肌を目指す女性達の注目を集めているのが、シュガースクラブというスキンケアです。

シュガースクラブは雑誌やTVで活躍中の大人気モデルや女優が撮影前などに、お肌を整えるために使用されることもある美肌効果の非常に高いアイテムです。

1f4aabf1997f70f4edbaee98a20f6973_s

シュガースクラブとは、その名の通りお砂糖を使用したスクラブ剤で、手作りすることもできます。

お砂糖の温かさで溶けるという特性を活かしたシュガースクラブは、様々な材料とミックスすることでオリジナルのスクラブを作ることが可能ですし、作り方も非常に簡単なうえ使い方も幅広いため、多くの女性に支持を得ています。

 

お砂糖には古くなった角質を綺麗に除去して、お肌を艶やかに導く作用があるため、シュガースクラブを塗って優しくお肌をこすることで、ザラついた皮膚が滑らかになり同時に潤いを与える保湿効果にも期待が出来ます。

さらにお砂糖には硬い皮膚を柔らかくモッチリしたモチ肌に整える作用があるそうです。乾燥肌の女性には嬉しい、魅力的な効能が沢山秘められていますね。

 

お砂糖は食品です、というと当然と思われるかもしれませんが、その食べることができる、調味料であるということは、当然お肌にも優しく敏感肌の方でも安心して使用することが出来るのです。

シュガースクラブの作り方・使い方

気になるシュガースクラブの基本的な作り方は、お砂糖にオイル系とアロマの香りを混ぜるだけ。使用するお砂糖は上白糖がグラニュー糖が基本で、オイルはココナッツオイルかオリーブオイルがベストなようです。

ここにラベンダーやローズなど自分の好みの香りをつければ、世界に1つのオリジナル・シュガースクラブの完成です。

60fae82bb5a7f0d36de57260c9cb94df_s

シュガースクラブは週に1~2回程度を目安にスキンケアに取り入れるのがおすすめの使い方。基本の使い方は、フェイスやボディへ、お肌をぬるま湯で濡らしてから使用します。

そこに適量のシュガースクラブを塗っていき、優しくお肌をこするようにマッサージして最後にぬるま湯で洗い流せば完了です。

 

シュガースクラブは基本の使い方をマスターすれば、リップケアや脚の角質ケアにも応用することができますよ。

週に1~2回のお手軽なシュガースクラブを使ったスキンケアで、カサつきを解消してお肌のモイスチャーバランスとキメの整えませんか?

シュガースクラブの効果が潤いの美肌へと導いてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です