諸説ありますが・・・アトピーが完治する方法について

アトピー性皮膚炎の患者にとって、皮膚の表面を清潔に保つための入浴は非常に重要な意味を持っています。

ステロイド剤に頼らないでアトピー性皮膚炎の完治を目指すためには、温度を低めに設定し皮膚に対する刺激を少なくすることが重要なのです。具体的には春・秋は40度、気温が高い夏の時期は38度に設定し、寒い冬には42度にすることで適度に皮脂を取り除いて細菌の繁殖を抑えることができます。

アトピー性皮膚炎の原因


アトピー性皮膚炎の原因は細菌による皮膚の炎症です。この症状を完治させる方法としては、皮脂の量を正常に保つことで痒みを伴う炎症を起こりにくくすることです。

また、アトピー性皮膚炎を完治させるための入浴方法として大切なのは時間です。

最低でもお風呂に10分程度浸かっていなければ体が温まらないため、リラックス効果や温熱効果が得られなくなります。また、入浴によってアトピー性皮膚炎を改善する方法で大切なのは使用する「石鹸」や「シャンプー」で、頭皮や体の皮脂を必要以上に流してしまうと肌が乾燥してしまうため無添加・無香料のもので、保湿成分が配合されているとより効果的です。

入浴後に大事なこと


さらに、入浴後も大事です。

体を拭くタオルについては、ナイロンのような刺激のある素材は皮膚に細かい傷をつけるため、アトピーの症状が出ている時には使用を控えなければなりません。

体を洗うときはステロイド剤等を塗った部分を中心にして、汚れだけを落とすようにゆっくりと洗っていきます。体の汚れに関しては湯船に浸かるだけで落ちるので、薬が付着した部分を中心に洗うことが大切です。

アトピー性皮膚炎を完治させるために


アトピー性皮膚炎は最近の研究によって黄色ブドウ球菌による炎症反応であることがわかってきているのですが、人間の皮膚の表面に常在菌として存在している細菌がなぜ皮膚に炎症を起こすのかは正確にはわかっていません。

しかしながら、免疫機能の低下によって症状が悪化するため体力を付け、免疫力を保つことがアトピー性皮膚炎の完治のために有効な方法であることは確実です。

そのために出来ることは、自律神経を鍛えて風邪を引きにくい体を作ったり、ストレスを減らし免疫機能の働きを抑制することが有効であるとされ、アトピーを完治させるために昔から行われてきた方法が結局の所、有効である可能性が出てきました。

専門の医療機関を受診するとブドウ球菌に有効とされる抗生剤やステロイド剤が処方されるのですが、入浴などによって肌を清潔に保ち、更に免疫力を高めるために健康な生活を送ることはアトピーを完治するためには欠かすことはできないと言えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です