睡眠習慣でアトピー症状を改善できる!カンタン寝るだけアトピー対策

かゆくて、辛いアトピー・・・

眠るのも大変だという人も少なくありません。一方で、アトピー症状を改善した人の中には、良く眠れる正しい寝方を実践しただけ!という人も。

 

もし、あなたにとっても寝るだけ改善法が合うものだとしたら、試さない手はありませんよね。アトピーを改善させると言われている睡眠方法、試してみませんか?

夜10時から朝6時の睡眠時間で改善につながる?

アトピーの人にとって寝不足は論外。

寝不足というのは、健康な人にとってもストレスを増加させてしまうので、避けたいものですよね。アトピーの人は、かゆみや痛みですでに死体的なストレスを受けているので、寝不足続きには気をつけましょう。

 

アトピーを睡眠で改善した人が心がけた、もっとも重要なポイントは、就寝する時間

bbecaa7106dde323c4b4eca6ad8e98cc_s

アトピー改善につながりやすいベストな睡眠の時間帯は、夜10時から朝6時

この8時間というのは、他の時間帯に8時間寝た際に比べて、より深く眠れる時間帯と言われています。

なぜ寝るだけでアトピー症状は改善されるのか?

深い睡眠をとることでストレスも解消されますし、カラダの疲れもしっかり取り除くことができます。

もちろん、皮膚再生の機能も改善され、それだけでなく消化器官やカラダのあらゆる部分にもしっかりと働きかけてくれるのです。

 

人のカラダは、夜の12時から2時にかけて皮膚再生が活発に行われるもの。ただし、深い眠りに入っている時のみ、本来の再生機能が発揮されます。

そして、朝方4時にホルモンが活発に分泌されるのです。そのゴールデンタイムに深く眠っている状態をつくるためにも、夜10時には就寝していることが理想なんですね。

 

このようにカラダに優しい睡眠時間に、しっかりと眠ることで皮膚トラブルを抑えてくれる再生機能やホルモン分泌を促進させることができ、症状の改善につながるというわけです。

また、部屋の電気を真っ暗に消して、カラダにも寝ていることを感じさせてあげるのも効果的です。

決まった時間に就寝するという「習慣」が一番大事だった?

とはいえ、夜10時というのはなかなか早め。毎日10時に寝るのは、なかなか難しいですよね。

ベストな睡眠時間ではありますが、あくまでも目安。もっとも大事なのは、同じ時間に寝るという習慣づけだと言われています。
「毎日何時に寝て、何時に起きる」という時間を決めてあげることで、カラダはリズムを覚え、決まった時間に皮膚再生とホルモン分泌してくれるようになります。

e42ee14a63bc53a887b96c8f9cd04c8b_s

仕事で夜10時の就寝に間に合わないという場合は、今日は10時だけど明日は0時、次の日は2時……などとバラバラになってしまわないよう、せめて「毎日0時に就寝する」などの習慣をつけましょう。

まとめ

カラダというのは、いつもと違うことをすると混乱してしまい、うまくその機能を発揮してくれません。

習慣をつけて、毎日同じ時間に同じような行動をとることが大切なんですね。

 

睡眠時間を整えるという習慣をつけることができれば、症状はどんどん改善されていくかもしれません。さらに、規則正しい生活は、アトピー症状に限らず、あらゆるストレスをも解消してくれます。

アトピー改善に加え、毎日を元気に過ごせるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です