副作用が怖い?ステロイドをアトピー改善の強い味方にするには

アトピー性皮膚炎の人が病院でよく処方されるお薬の1つに、ステロイド外用剤というものがあります。このステロイドはアトピーだけでなく、さまざまな皮膚疾患に用いられています。

アレルギー反応を抑えて炎症を落ち着かせてくれるお薬なのです。

 

しかし、ステロイドは適正使用量をきちんと守り、正しく使わなければ副作用が起こることもあります。ステロイドの副作用について学んでみましょう。

ステロイドって?

そもそもステロイドとは、腎臓の上端にある副腎という部分で、コレステロールからつくられるホルモンの1つのことを指します。

血糖値の調整をしてくれるなど、カラダを守る大事なホルモンなのです。炎症を起こすタンパク質の生産を抑える働きもあり、さらに炎症を抑えるタンパク質を生む働きも持っています。

そのため、外用薬としてアトピーをはじめとしたアレルギーに使用されるのです。ステロイドには軟膏やクリーム、ジェルなどさまざまな種類があります。

ステロイドには強さがある。症状にあったものを

ステロイドには、お肌への吸収率の違いによって強さが5段階あるのです。症状に合わせて強さの種類と使用回数が決められています。

強さの種類は以下の通りです。

79f0de72a2597f59ba4aadfaf92776d6_s
  • strongest(最も強力

薬名:デルモベート、ダイアコートなど

こちらは非常に強いため、副作用も出やすいので非常に炎症の強いときにのみ使用が許可されます。

期間をきっちり指定されるはずなので、自己判断で使い続けるのは厳禁。子どもに処方されることはまずありません。

 

  • very strong(かなり強力

薬名:アンテベート、マイザーなど

炎症が強い湿疹に処方されます。強い炎症が見られる場合は、子どもに処方されることもありますが、こちらも回数制限があるはずなので、医師の判断に従って使いましょう。

 

  • strong(強力

薬名:リンデロンV、ボアラなど

首より下に炎症がある場合に使われるお薬です。アトピーの人には、このあたりのステロイドを処方されることが多いです。

 

  • medium(中程度

薬名:リドメックス、ロコイドなど

顔や陰部などに処方されることが多いお薬です。ステロイドを吸収しやすい、血流のよいお肌の部分に使われます。

 

  • weak(弱い

1番弱いクラスのお薬です。

とはいえ、ステロイドは、そもそも市販でも購入できる保湿剤などに比べて効果が強いので、治りかけているのに使いつづけてしまうと副作用の原因に。

必ず処方に従って利用しましょう。

ステロイドがもたらす主な副作用

ステロイドの副作用にはさまざまなものがあげられます。

たとえば、毛が伸びにくくなったり、糖尿病や骨粗鬆症の元になるとも言われています。しかし、そこまで重度の病気になるのは、医師の処方を守らずに強いものを使い続けた場合でしょう。

 

その他、「塗った箇所」にのみ起こる副作用として、以下のようなものもあると言われています。日本皮膚学会のホームページでは、どの症状も休薬すれば症状は治まる軽いものだと書かれています。

 

  • 皮膚の菲薄化(ひはくか)

ステロイドを長く塗っていると、薄くなってしまうのです。

表面にちりめん状の細かいシワができてしまったり、細い静脈が透けて見えるような肌になってしまうことがあります。

 

  • 細菌、真菌感染症の誘発

ステロイドを使いすぎると皮膚の免疫力が低下してため、細菌や真菌(かびの類)による感染症を起こしやすくなってしまうのです。

毛穴の細菌感染症であるニキビやもできやすくなりますし、カビによる水虫などもできやすくなります。

 

  • しゅさ様皮膚炎

主に顔面に起こりやすい副作用なのですが、そもそも、顔はステロイドの副作用を起こしやすい部位だと言われています。皮膚がカラダに比べて薄いためです。

長期間塗っていると、毛細血管が拡張してしまったり、皮膚が萎縮したり、ニキビのような発疹が目立つようになります。

一番怖いのは「ステロイド依存」

どんな特効薬であっても、副作用がまったくないと言い切れるものはありませんよね。副作用としてもっとも気をつけたいのは“依存”です。

ステロイドも、もちろん例外ではありません。

 

ステロイドは「長期使用」に向かないお薬であり、アトピーを完治させるためのお薬ではありません。しかし使い始めると効果がわかりやすく、目に見えて炎症が治まっていくので、いつまでも使い続けたくなってしまう人も多いのです。

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

少しでも炎症があるとステロイドを塗らずにはいられなくなってしまい、「長期使用」をしてしまったことで、皮膚や皮膚本来の機能がステロイド使用前より悪化してしまうこともあります。

「ステロイド依存」によって、どんどん強い副作用が起こってしまうので、まずは期間を守ることを徹底したものですね。

まとめ

ステロイドは副作用が怖いとして、嫌がる人も多いのですが、用法用量を守っていれば、アトピーを改善する強い味方になります。

ただし、上手にアトピー完治をするために、あくまでもサポーターとして使用するものですから医師の処方を守って使たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です