お肌つるつるピーリング!砂糖でできるシュガースクラブとは?

シュガースクラブってどう使うの?

お肌の古くなった角質を除去するピーリングといえば、塩を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、お肌の弱い人の中には塩のスクラブでマッサージすると赤くなってしまう、痒みや痛みを感じるという人が多いですよね。

そんな塩に変わって注目なのが「シュガースクラブ」なのです。

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

シュガースクラブとは、砂糖を使って行うピーリングのこと。

あまり知られていませんが、砂糖は高い浸透力や保湿力、そして給水力に優れている物質です。この特徴が、しっとり、ふっくら、すべすべという潤い、柔軟性に満ちたお肌へと導いてくれるのですね。

では、シュガースクラブとは、どんな使用法があるのでしょうか。

 

実はとっても簡単で、手作りすることもできるのです。初めに、角質を取りたい部分の汚れを落とし、しっかりと濡らしておきます。

ティースプーン山盛り1杯の砂糖と同量の水を手のひらでよく混ぜてから、気になる部分にマッサージしていきましょう。手のひらでくるくると円を描くように優しくマッサージすることが大切で、角質を取りたいからと砂糖の粒子を肌にこすりつけるように強くすりこむと肌を傷めてしまいます。絶対にしないでくださいね。

 

目安としては、泡洗顔をするような強さでくるくるとマッサージします。

肌の熱で徐々に砂糖が溶けていくので、粒々を感じなくなるまでマッサージを続けます。粒々がなくなったら、そのままの状態で1~2分放置します。

ここで時間を置くことでお肌のハリがアップしますよ。
その後、水やぬるま湯でしっかりと洗い流し終了です。

シュガースクラブを行った後は化粧品の浸透力がアップしますので、化粧水やクリームでしっかりと保湿を行うことが大切ですよ!

シュガースクラブが良いのはどうして?

では、シュガースクラブとはどういった性質があって肌に良いとされるのでしょうか。

一般的な塩マッサージの場合は、塩にある発汗作用、引き締め作用が肌に効果があるとされ、また粒子も粗く溶けづらいため肌の角質を除去しやすいとされています。

801753fd4d1b622ae7c6b10f8f7e3a15_s

しかし一方で、粒子が大きくなかなか溶けないということで肌への負担が大きくなるという面もあるわけですね。

シュガースクラブは、塩に比べて簡単に溶けやすく、粒子の角が小さい物質を使用するので、よりお肌に優しく負担が少ないピーリングが行えるんですね。そしてお肌への負担が少ないピーリングだからこそ刺激が少ない分、保湿力が保たれるのです。

 

現在は市販品も出ていますが、自分で作る場合には応用させることもできます。

まず一つ目は水の代わりにオリーブオイルを使用するものです。オイルにより柔らかい手触りとなり、さらに保湿効果が高まるため、仕上がりが一層しっとりとします。

二つ目は、オリーブオイルの代わりにはちみつを使用する方法です。はちみつにも優れた保湿効果があり、またはちみつは抗菌作用も強いので、雑菌の繁殖を防ぎ、肌荒れ予防にもなりますよ。

 

ただし、お肌に優しいシュガースクラブとはいえ、やり過ぎはかえってターンオーバーを乱してしまいます。週1回ぐらいを目安に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です