シュガースクラブではじめる赤ちゃんのお肌ケア

赤ちゃんにも使えるお肌ケア

お肌のケアにとても気を遣っている女性は多くいますが、お肌のケアは大人だけでなく、赤ちゃんの頃から始めることも重要です。

赤ちゃんのお肌は角質層が非常に薄く、皮膚が傷つきやすくなっています。また、赤ちゃんは汗をたくさんかき皮膚が汚れるため、常に清潔にする必要があるのです。

01c08c768e5d21c307a1df22a1680759_s

そのため、赤ちゃん用の石鹸やシャンプーを使いますが、皮脂の分泌量が少なく、すぐに乾燥してしまいます。皮脂の量が少ない場合、アレルギーになりやすかったり、感染症にかかりやすかったりと非常に危険ですから、赤ちゃんのお肌も保湿をする必要があるのです。

 

そんなはじめてのお肌ケアにおすすめなのが、シュガースクラブ。

これは、砂糖で肌をマッサージし、砂糖の粒でお肌の角質を落とすケアです。砂糖は浸透力が高く、水分を吸湿する作用があります。

高い浸透力で自然に溶け込み、吸湿性でしっかりと保湿されます。

 

同様に塩でマッサージをする方法もありますが、砂糖は塩に比べ低い温度で溶けます。そのため赤ちゃんのはじめてのお肌ケアに最適です。

また保湿だけでなく、シュガースクラブを使い続けることで、あせもが出なくなったり、虫刺されなどの傷が早く治ったりという効果も期待できます。

すでに肌がカサカサした状態であったり、掻いた際の傷があったり、アトピーによる炎症がある場合でも使用することができ、刺激がないため痛みも感じません。

シュガースクラブの作り方・使い方

このシュガースクラブは市販されており、様々な香りのものがあるため、子どもにも人気ですが、家庭でも作ることができます。

作り方は砂糖とオリーブオイルを1対1で混ぜ合わせるだけです。オリーブオイルはサラダ油などでも代用できます。

380cfa27d29b0d7a762c7ff36ae9d7fc_s

また、これに加えてハチミツを入れることで保湿効果が高くなりますし、アロマオイルを数滴垂らすことで、好みの香りのシュガースクラブを作ることも可能です。

その他にも、ココナッツオイルを使って美肌効果を取り入れたり、マヌカハニーと呼ばれるハチミツで抗菌作用を高めたりと、様々なアレンジをして、効果を引き出します。

 

使い方は、まず皮膚の汚れをしっかりと落としましょう。

そして感想が期になる部分を水で濡らし、シュガースクラブを塗り、円を描くように軽くマッサージします。その後少し放置して、砂糖が溶けてきたころに、ぬるま湯で洗い流してくださいね。

簡単に作れ、使い方も簡単であり、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

 

このように、赤ちゃんのはじめてのお肌ケアにシュガースクラブが効果的であることが分かりましたね。

敏感な赤ちゃんのお肌にも、気軽に使うことができますし、傷があっても使え、治りも早くなるというのは非常に安心感が高いです。さらに赤ちゃんのお肌に問題なく使用できるので、大人でも安心して使用できます。

敏感肌や乾燥が激しい場合、合う保湿液や化粧水などが見つからないという場合には、家庭で作って一度試してみると乾燥などが改善されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です